内田染工場:製品染・ムラ染・グラデーション染・絞り染・ヴィンテージ加工に小ロットでも対応

内田染工場

社長挨拶

2018年の新春を迎えました。新年あけましておめでとうございます。

お陰様で創業109年目を迎え、この節目にホームページを一新致しました。お客様の立場に立って、解りやすく注文し易いサイト作りを目指し作り込んできたつもりですが皆様の印象は如何でしょうか?是非お気軽にご意見をお寄せ頂ければ幸いです。

私どもは創業以来お客様のリクエストに真摯に向き合い、誠実さをモットーに目まぐるしい時代の変化に対応して参りました。ファストファッションが台頭する現代においては、お取引先アパレル様の各ブランドがそれぞれの個性を追求し新しく新鮮で独創的なモノを産み出そうとしています。私達は、速さと感性とクオリティをもってさらにお客様のオリジナリティと新たな価値の創造のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。一つ一つの仕事に常に驚きと感動を与えられる様に技術開発に取り組んでいます。
また近年では、発がん性物質等が含まれる染料や薬品に対する法規制が強まっています。弊社ではその規制対象となっている「特定芳香族アミン」が含まれる染料は過去においてもほとんど使用したことがなく、当然現在も「不使用宣言書」を発行し一切使用しておりません。今後はさらにエシカルという観点からも染料薬品の調査及び研究を進めていくと共に、天然染料を使用した染色ボタニカルダイもひとつのテーマとして取り組んで行きたいと思っています。
そして、サスティナブル(環境破壊をせずに維持・継続できる)な未来へ向けて様々な努力を続けていきたいと思っています。

2018年 株式会社内田染工場 代表取締役 内田光治

企業理念

誠実さをモットーに染色等の加工に取り組み、経験で培った技術でデザイナーのIMAGE(夢)を具現化し、また速さと感性でさらに想像を超える驚きや感動をもたらすことによって、関わる人全てが豊かさを分かち合い、ともに成長し社会に貢献する。

日頃のご愛顧に心より感謝致します。一つ一つの仕事を丁寧に心を込めて対応しております。どうぞ宜しくお願い致します。ー副社長 内田冨美江

スタッフと。

内田染工場に相談しよう

会社概要

社 名 株式会社内田染工場(カブシキガイシャウチダセンコウジョウ)
所在地 〒112-0001 東京都文京区白山3-5-2
電 話 TEL.03-3811-8512
FAX.03-3818-7337
代表者 代表取締役社長 内田 光治
創 業 明治42年(1909年)4月1日
設 立 昭和61年(1986年)12月16日
資本金 1,000万円
年 商 3億円
決算期 8月
取引銀行 東京都民銀行 春日町支店
巣鴨信用金庫 大塚支店
従業員数 26名 男性18名 女性8名
業務内容 染色加工業すでに縫製済みの衣類を特殊な染色・及び脱色法で加工し付加価値を産み出す、彩り鮮やかな活気あふれる会社です。東京の真ん中で営業しておりますので、アパレル様との距離が非常に近く地の利を生かしたスピーディな対応を心がけております。

取引先

【順不同・敬称略】

  • 株式会社アバハウスインターナショナル
  • 株式会社アンダーカバー
  • 株式会社アングローバル
  • 株式会社アンビデックス
  • 株式会社イッセイミヤケ
  • 株式会社エイネット
  • 株式会社石見銀山生活文化研究所
  • 株式会社ギャラリードポップ
  • 株式会社コムデギャルソン
  • チャコット株式会社
  • 株式会社ファッション須賀
  • 伊藤忠モードパル株式会社
  • 住金物産株式会社
  • 丸紅ファッションリンク株式会社
  • 三井物産アイファッション株式会社
  • 豊通ファッションクスプレス株式会社

その他商社・縫製メーカー様等、多数お取引させていただいております。

内田染工場に相談しよう

沿革

昭和10年(1935年)頃、旧本社屋の建前式。「内田染工場」と染め抜いた袢纏を着ています。

明治37年
1904年

先代 内田作次が、7代続いた群馬県桐生市の呉服屋「内田呉服店」を兄に任せ、単身東京に出て染色の修行を始める。

明治42年
1909年
現在地にて内田染工場を創業。元が呉服屋の出身なので、当初は和装織物用の糸染めが中心であったが、昭和初期には靴下関係の染色に移行。昭和初期 戦時中空襲に合い、一時桐生に疎開し靴下製造業を営む。
昭和30年
1955年
前社長である内田忠宏が東京に戻り染色業を再開。
昭和55年
1980年
敷地内に内田ビル(ローズハイム)建設

昭和61年1986年 
昭和63年1988年

株式会社設立
販売管理コンピューターを導入。
平成2年
1990年
隣接地に約50坪の工場を増設。
平成10年
1998年
最初のホームページを立ち上げる。
平成12年
2000年
コンピュータシステムを一新。受注〜生産管理システムを確立。作業の効率化を図る。
平成16年
2004年
ホームページリニューアル。
平成17年
2005年
内田光治、代表取締役社長就任。内田忠宏は会長に就任。
平成21年
2009年
ホームページリニューアル。
平成24年
2012年
3月10日 元会長 2代目 内田忠宏 肺炎の為 他界 享年81歳
平成25年
2013年
9月 CCM(コンピューターカラーマッチングシステム)装置一式導入。
平成27年
2015年
新業務システム(受注〜生産管理システム)を一新して現場スタッフ全員にタブレットPCを配布し、業務の進捗状況をタイムリーに把握可能に!

内田染工場に相談しよう

アクセス

電車で

  • 東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅下車、小石川植物園方面に向かって徒歩7分。
  • 春日通り側出口を出てすぐの横断歩道を渡り、マックの並びの交番の手前を右折。左手に公園を見ながら湯立坂を下り、坂を降りきった交差点「窪町東公園」を右折。約200m先の左側。

車で

水道橋方面から

  • 白山通り(17号線)を巣鴨方面に向かい、白山通りと春日通りの交差点を左折。文京区役所が入っている「シビックセンター」という立派な建物を目印にしてください。
  • 50mほど直進した交差点を右折して千川通りに入り、左手に共同印刷・桜並木通り・肉のハナマサを見て、T字路信号「白山3丁目」先すぐ右側。

池袋方面から

  • 春日通(R254)を「茗荷谷駅前」信号を左折、湯立坂を下り、坂を降りきった交差点「窪町東公園」を右折。約200m先の左側。

高速道路で

  • 首都高速5号線、都心環状線方面から「護国寺」インター下車。降りてすぐの交差点は右折不可です。少し直進してUターン。「護国寺」インター降口の交差点を左折して不忍通りに入り、坂を上って「大塚3丁目」を通過、さらに坂を下りきった「千石3丁目」を右折。千川通りを直進し、「窪町東公園」の交差点を超えて200m先の左側。
  • 首都高速5号線、板橋方面からは「東池袋」インター下車。春日通に出て以後、上記車で:池袋方面からをご参照ください。
  • 混雑時は「西神田」「飯田橋」からも遠くはありません。早めに手前で降りるのも得策です。

写真で見る茗荷谷駅からの経路

茗荷谷駅改札。春日通り方面改札出口1、2を出て右へ。

りそな銀行前の信号を渡ります。

渡ったら左へ、最初の角の交番手前を右へ曲がります。

そのまま湯立坂を下ります。

右手に重要文化財「旧磯野家住宅」を見ることができます。

ファミリーマートを右手に見て通りすぎ、千川通りを渡ります。

渡って右に曲がります。

小石川御殿町交番が見えてきたら、その先10mです。

お疲れ様でした。

内田染工場に相談しよう

「微妙な色味にこだわりたい」「特殊な染めが欲しい」
「ビンテージ感を出したい」「急ぐ」。
ぜひ私どもにご相談ください。お問い合せはお気軽に。

御社名
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号
素材
加工 染めグラデーション染めウォッシュその他
数量
納期
お問合せ内容必須

「お問合せ(控)」を送信しますのでご確認ください。
控メールが届かない場合、弊社からご連絡ができませんのでなるべく電話番号をご記入ください。特に、携帯メールアドレスはご注意ください。
お急ぎの時はお気軽にお電話ください。

会社概要 製品染・ムラ染・グラデーション染・絞り染・ヴィンテージ加工に小ロットでも対応

Copyright©内田染工場,2009 All Rights Reserved.

このページ
の先頭へ