内田染工場:製品染・ムラ染・グラデーション染・絞り染・ヴィンテージ加工に小ロットでも対応

内田染工場

コストアップ

      社長日記  

senken-071207.jpg

これは、今朝の繊研の記事ですが、この問題が今 まさに現実になってきています。

原油高 → 染料・薬品等の価格が高騰

環境問題 → オリンピックを迎える中国の環境改善政策 → 公害規制強化による
                                     染料の中間体製造工場
                                     の操業停止

etc・・・・

これらの理由により、ボイラー燃料のガス代の価格が上昇しています。

染料をはじめ、全ての原材料が 10%〜30%程度 値上がりしています。

新しく注文した時点で、すでに廃盤になっている染料が 増えてきています。
これにより、数年前から染めている色のリピートカラーは、色の変更を余儀なくされるケースも!

とりわけ 中国での工場停止の問題は、即 極端な供給不足の懸念があって
一時「黒の染料がなくなる!」という噂がたって、あわてて買いだめした染料が
今 倉庫に山積みになっています。
値上げ前の「旧価格」で仕入れて置くといった作戦も取っていますが、
場所も費用も馬鹿になりません!

ここ数ヶ月 こうした状況が顕著になってきて、今までは何とかこらえて参りましたが、
さすがに そろそろ 従来からの定番加工商品の加工賃に対しても
価格アップを お願いしないと やっていけない状況になって参りました。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

      社長日記  

内田染工場に相談しよう

「微妙な色味にこだわりたい」「特殊な染めが欲しい」
「ビンテージ感を出したい」「急ぐ」。
ぜひ私どもにご相談ください。お問い合せはお気軽に。

御社名
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号
素材
加工 染めグラデーション染めウォッシュその他
数量
納期
お問合せ内容必須

「お問合せ(控)」を送信しますのでご確認ください。
控メールが届かない場合、弊社からご連絡ができませんのでなるべく電話番号をご記入ください。特に、携帯メールアドレスはご注意ください。
お急ぎの時はお気軽にお電話ください。

コストアップ 製品染・ムラ染・グラデーション染・絞り染・ヴィンテージ加工に小ロットでも対応

Copyright©内田染工場,2007 All Rights Reserved.

このページ
の先頭へ